人気ブログランキング |
勝手に名場面シリーズ・5
愛の劇場ラブレターの名場面シリーズ

今回は第5話「秘密の島の約束」

家を飛び出した美波は、森の中で足を滑らせ急斜面から落ちて
気を失ってしまい、気がついた頃あたりはもう薄暗くなっていました。

兼松家の3人、海司、陸、そして漁協のみんなも協力して美波を
探しますが見つからないまま夜になってしまいますが
美波は電話も出来ない、誰かに声をかけられても聞こえない、
誰も助けに来てくれないと思ってるかもしれないという海司の言葉に
久美子は1人家を飛び出し再び美波を探し始めます。

翌朝森の中で久美子とともに救助された美波は海司、陸
そして裕一にあやまります
c0196367_1752548.jpg

「ごめんなさい」


第5話ではこの時の美波の表情が好きです001.gif



今回のような騒ぎになったことで高松へ帰されることが決まった美波は
相談所の職員と共に兼松家をあとにしますが
そのあとを追い連れて行かないでと言う久美子。

そして海司は自分がどうしたいのかはっきり言えと美波に言うと、美波は

「この島が好き」
「兼松のおじさん、おばさん・・・」
いや
c0196367_17592434.jpg


「お父さんとお母さんが好きです」




そう言うんです(涙)
こうして島に残る事になった美波。

翌朝慌てて美波を呼びに来た海司、一緒に行った先にはc0196367_1853417.jpg


秘密の島へ通じる
 道が出来ていました



c0196367_187175.jpg

                それを見る2人の表情が
                       とてもいいんです




そしてお願いをする為に島へ渡る時
c0196367_18113240.jpg

美波と海司は
初めて手をつなぎます




島に落ちていた貝殻に日付と名前を書き、それをガラスのブイに入れ
c0196367_18145863.jpg

              「また来よう」
              「これ、貝でいっぱいにしような」




その時はそう約束する2人がいました。
by ricecolor | 2009-06-21 18:21 | ドラマ
<< ミニチュア マーメイドS >>