タグ:小豆島 ( 22 ) タグの人気記事
兼松家
関東地区ではまだ再放送がされていない

愛の劇場ラブレター
ブログでこのドラマの話題も久しく書いてませんが

いまだにDVDで観たりしてます。

まったく飽きません。

このドラマで兼松裕一を演じた布川敏和さんも、たまたま
http://ameblo.jp/fucknfuckn/entry-10482205373.html
のように、おとといの更新でこのドラマに触れてました。

このドラマがきっかけでその後も小豆島やオリーブと関わってらっしゃるようですが
このおととい3月15日はオリーブの日なんですね。

国連の旗に描かれてる葉もオリーブだったとは知りませんでした。
[PR]
by ricecolor | 2010-03-17 20:20 | ドラマ
勝手に名場面シリーズ・8
愛の劇場ラブレターの名場面シリーズ

今回は第8話「初めての贈り物」

合唱の授業参観も終わり、友だちとの楽しい毎日を過ごしている美波。
そんな中、海司の誕生日が翌日だと知ります。

誕生日プレゼントに
c0196367_210547.jpg

ショートケーキを作ろうと
地粉で顔を真っ白にして頑張りますが




海司はショートケーキが苦手だと知りがっかり。。。

そして美波は
c0196367_21132048.jpg


ミサンガを作ってプレゼントする事に




上手く出来ましたw


そして海司の誕生会が始まったのですが
他のみんなが小学生には高価なプレゼントを用意してきたために
美波はプレゼントを出すことが出来ず、思わず忘れたと言ってしまいます。

心の中では美波からのプレゼントをいちばん期待していた海司は
不機嫌になってしまいます。

誕生会の後、夜になってからみんなで花火をしてる最中も
海司は拗ねたままです、「そういうのよくない」と美波に注意されるも
思わず「お前のせいや」とつぶやきます。

そして美波のバッグの中に入っていた自分へのプレゼントを見つけます。
c0196367_21281912.jpg

この誕生日カードも含めて
大喜びの海司




美波が残していたせんこう花火を一緒に楽しみます
c0196367_21331652.jpg







この時も海司はせんこう花火と大きな花火を身体を使って
美波に表現して見せてあげるんです。


・・・後日
海司はプレゼントしたミサンガを手首に付けておらず
美波はがっかりするのですが
c0196367_21404159.jpg


右足首につけてました!




c0196367_21415152.jpg


それを見つけて嬉しくなる美波




ほぼ毎回涙涙のこのドラマの中で、今回の第8話だけは
カラーが違うなと感じてます。

第7話もそうでしたがこんな小学生時代を過ごしたかったと
切に思える内容でした001.gif
[PR]
by ricecolor | 2009-11-06 21:50 | ドラマ
瞬足・・・ではないけど
巷の小学生の間で流行ってる靴といえばアキレスの瞬足シリーズ
みたいですよね。

体育の授業や運動会でトラックを走る時のグリップを高めるために
左足用は外側、右足用は内側のグリップを高めてるんですよね。

人間は馬と違い左回りばっかりですからねw

どの程度の流行り具合なのか、本当に今も流行ってるのか
小学生の多くが今瞬足を履いてるのかはriceは知りませんが

そのような事が頭に浮かんでる状態でお店に行く機会があったので
小学生の靴のコーナーへ行ってみると

あるわあるわ!端から端までみんな瞬足です!

小学生の頃って「みんなと同じじゃなきゃいや」傾向が顕著だと思うので
お店もこの方が売り上げにつながるんでしょうけど
あそこまで瞬足だらけとは思いませんでした。

でも目的はそれだけでなかったんで~す。

次の目的の為(こちらがメイン)にまた探し始めると

・・・・・・・・・・!!!
c0196367_1861177.jpg



こ、これは!





比べてみると
c0196367_188482.jpg


一部色は違うけど
同じソールパターンだ!



感動です(涙)

このソールを見て感動した人間はきっと初めてでしょう(笑)

何を隠そうこのソールは愛の劇場ラブレター
小学生時代の海司が履いていた靴と同じなんです、これ履けば
早く走れますよ!

近いうちに全く同じモデルを見つけたる
・・・て言うか見つかるまで探し続けたるわww
[PR]
by ricecolor | 2009-10-10 18:20 | ドラマ
おとといは・・・
あの方のお父さんの誕生日でした

そして今日はこの子の誕生日です!
c0196367_18341640.jpg


兼松美波ちゃん♪




愛の劇場ラブレターのヒロインです♪

ドラマの設定はこの時1993年で11才なので
実際だと今日で27才ですね~。

相変わらずハマリにハマッてるので現実の世界と
混同してますww

美波、誕生日おめでとう067.gif
[PR]
by ricecolor | 2009-10-08 18:41 | ドラマ
勝手に名場面シリーズ・7
愛の劇場ラブレターの名場面シリーズ

7月28日以来のこのシリーズ、今回は第7話「涙の授業参観」です。

第6話での陽子の意地悪で誰も来なかった手話教室
それで美波は島の人は本当誰も私と仲良くなんかしたくないんだと思い
指揮が上手く出来るようになっていた授業参観の合唱もやらないと言い出します・・・

その後海司の提案で美波の為に合唱である事を行います。

それは・・・
c0196367_17531463.jpg


合唱に手話を取り入れることでした




このあと美波も一緒に合唱をして、陽子も意地悪をした事を美波に謝り
美波は陽子に手話嬉しかった言い仲直りです^^

手話をやろうと言い出したのが海司だと聞いた美波は
海司にお礼を言いに行きます、海司は港でビングシ釣りをしてました。
c0196367_17593818.jpg


「私、好きになった」




c0196367_1823668.jpg


ドキッとする海司




c0196367_1854812.jpg


「この島が」




ちょっと(いや、かなり)残念な海司w

このシーン好きです♪

そしてそうこうしてるうちに
c0196367_1895213.jpg


ビングシが釣れました!




こんな小学生時代を過ごしたかったものですよ。

しかしこの楽しい時間の後にまたあのような事が起ころうとは・・・
[PR]
by ricecolor | 2009-10-07 18:15 | ドラマ
勝手に名場面シリーズ・6
愛の劇場ラブレターの名場面シリーズ

1ヶ月以上ぶりのこのシリーズ、今回は第6話「友だちの裏切り」です

1つ前の第5話で島(兼松家)に残る事になった美波、この第6話からは
兼松の裕一さんも久美子さんも「美波ちゃん」から「美波」と呼び方を変えてます。
美波が本当に兼松の家族になったって事ですね。

そして美波の通う岬小学校ではもうすぐ行われる
授業参観で何を見てもらうかを決める事になりますが・・・

陽子の提案は「合唱」

美波が陸と親しくしてる事をよく思っていない陽子の嫌がらせでもあるんです。

そして最終的に指揮者を任された美波は家に帰っても必死に練習します。
それを見た裕一と久美子は美波にとって合唱難しいのに、なんでそこまでして
合唱がやりたいのかと聞きます。

自分がみんなと違うからみんなが手を貸そうとする、それが寂しい・・・
私もみんなと同じだと思われたい。

美波はそう思っていたんです。

それでももし上手くいかなかったらと言う裕一に対して美波は

「勝手に決め付けないで!」
「何もしなかったらずっとこのまま」
「頑張れば明日、できるようになるかもしれない!」
「だから、やめさせないで!」

そう答えます。心打たれた言葉です。

そして
c0196367_603880.jpgc0196367_652087.jpg
3人で練習する
楽しそうな歌声や笑いが
美波の部屋から
聞こえます



c0196367_683350.jpg

酒を飲みながらそれを聞いている
祖父英治も3人が親子になれた事を
喜んでいる様子



そして再び学校で合唱の練習、今日も出来なかったら交代してと
陽子に言われるのですが

陸と海司のナイスアシストもあって
c0196367_615754.jpg


指揮は大成功♪




しかしその直後にあのような出来事が起きてしまうとは・・・
[PR]
by ricecolor | 2009-07-28 06:18 | ドラマ
勝手に名場面シリーズ・5
愛の劇場ラブレターの名場面シリーズ

今回は第5話「秘密の島の約束」

家を飛び出した美波は、森の中で足を滑らせ急斜面から落ちて
気を失ってしまい、気がついた頃あたりはもう薄暗くなっていました。

兼松家の3人、海司、陸、そして漁協のみんなも協力して美波を
探しますが見つからないまま夜になってしまいますが
美波は電話も出来ない、誰かに声をかけられても聞こえない、
誰も助けに来てくれないと思ってるかもしれないという海司の言葉に
久美子は1人家を飛び出し再び美波を探し始めます。

翌朝森の中で久美子とともに救助された美波は海司、陸
そして裕一にあやまります
c0196367_1752548.jpg

「ごめんなさい」


第5話ではこの時の美波の表情が好きです001.gif



今回のような騒ぎになったことで高松へ帰されることが決まった美波は
相談所の職員と共に兼松家をあとにしますが
そのあとを追い連れて行かないでと言う久美子。

そして海司は自分がどうしたいのかはっきり言えと美波に言うと、美波は

「この島が好き」
「兼松のおじさん、おばさん・・・」
いや
c0196367_17592434.jpg


「お父さんとお母さんが好きです」




そう言うんです(涙)
こうして島に残る事になった美波。

翌朝慌てて美波を呼びに来た海司、一緒に行った先にはc0196367_1853417.jpg


秘密の島へ通じる
 道が出来ていました



c0196367_187175.jpg

                それを見る2人の表情が
                       とてもいいんです




そしてお願いをする為に島へ渡る時
c0196367_18113240.jpg

美波と海司は
初めて手をつなぎます




島に落ちていた貝殻に日付と名前を書き、それをガラスのブイに入れ
c0196367_18145863.jpg

              「また来よう」
              「これ、貝でいっぱいにしような」




その時はそう約束する2人がいました。
[PR]
by ricecolor | 2009-06-21 18:21 | ドラマ
勝手に名場面シリーズ・4
愛の劇場ラブレターの名場面シリーズ

今回は第4話「大好きな小豆島」

フェリーでの脱走に失敗して島に連れ戻された翌日、陸は喘息の発作で
学校を休みます。

陽子は陸の発作は美波のせいだと責め、美波は落ち込みます。

そんな美波を見ていた海司はこのままだと本当に美波は東京へ
行ってしまうしまう、この島だっていい所なのに。
そう思います。

それならお前がこの島のよさを教えてあげたらいいと
父、清二に言われた海司は
早速美波を島の様々な場所へ案内します。
c0196367_17441327.jpg


「これがしょうゆソフトや」





その頃、兼松家に児童相談所の職員が訪れ、美波を高松の
施設へ連れて帰るという話が出ます。

帰宅した美波は職員がいることに驚き
c0196367_1746823.jpg







自分の事がいらなくなって高松へ帰されると思った美波は
そのまま家を飛び出してしまいます。

兼松家の3人、そして海司、陸はいなくなってしまった美波の事を
必死に探すのですが・・・
c0196367_17501318.jpg








今回は海司が島のいい所を美波に紹介していく場面での
c0196367_17575727.jpg

「この島はな、おりたいやつは
いつまでもおれるええとこやぞ」




この海司の言葉にとてもあたたかさを感じました。
[PR]
by ricecolor | 2009-06-20 18:00 | ドラマ
勝手に名場面シリーズ・3
今回も愛の劇場ラブレターの名場面シリーズです。

今回は第3話「夏祭りの脱走」

美波は学校の友達みんなと海に遊びに行きます

しかし美波が陸と親しくしてる事に陽子はいい気がしません
なので美波が一緒に遊びにくい事ばかりしようといいます。

c0196367_16484794.jpg







それでも美波は笑顔でいます、無理に笑顔を作ってるんです。

c0196367_16503648.jpg







海司は美波が無理に笑ってることに気づいてます。


このあと海で遊ぶ美波たち、そこでも陽子の言い出した遊びで
一人溶け込みきれない美波は用があるからとうそをついて
帰ります。この時も笑顔です。

それを追う海司、美波に追い付くと
美波は「私聞こえないから」と言い、
c0196367_16581438.jpg

海司は「そんなん関係ないやろ!」
「お前、なんで無理して笑うんや」と言います。




「兼松のおばちゃんたちの前でもおれらの前でも無理に笑ってる、
なんでそんな事すんねん!」


兼松のおじさんおばさんはなんでこんな私を引き取ろうと思ったんだろうと
美波は思うんですが、夏祭りのが行われているある日、小さな女の子の写真が
途中で終わっているアルバムを見つけてしまいます。

自分はその子の代わりなんだと思う美波は
祭りの途中で会った陸と共にフェリーに乗り、東京へ向かいますが
上手くいくはずも無く・・・

家に戻った美波は兼松の2人に自分はアルバムに写っていた子の代わりなのかと
責め、海司にも前に何で無理して笑うのか聞いたよねと言います。

美波は自分が耳が聞こえず言葉も喋れず親もいない、笑っていないとみんなが
私をかわいそうって目で見るからしょうがないと言います。

そして
c0196367_1724913.jpg


「私は」




c0196367_172513100.jpg


「かわいそうじゃない」




そうみんなに言うんです。

この時その場にいた兼松家の3人と海司と陸が、美波の辛さを感じるんです。

第3話ではラストのこのシーンに涙でしたね。
[PR]
by ricecolor | 2009-06-17 17:30 | ドラマ
勝手に名場面シリーズ・2
前回から勝手に始めた、愛の劇場ラブレターの名場面シリーズ、

今回は第2話「神様のイジワル」です。

第1話で美波は海に飛び込んでいた少年、海司と知り合いました。

島の小学校に通う事になった美波、同級生は美波の他に5人
すでに知り合っている海司の他に陽子、千絵、勝、そして陸。

放課後、海司の家で美波の歓迎会が行われましたが
陸が美波に気を使うことにいい気がしない陽子は
わざとラジオをつけて自分たちだけで盛り上がります。

それを察した陸はもう帰らないといけないと言って美波とともに
海司の家を後にします。

防波堤に座って話す美波と陸。
そこで美波は陸が喘息の治療のために小豆島に来ていることを
聞いたり自分が東京へ行きたいと思ってることを話します。

その時2人の背後からフェリーが汽笛を鳴らして出港し、
「どうして船がでるのがわかったの?」という美波の問いに陸は
うっかり「汽笛が 聞こえただろ?」と答えてしまいます。

陸は自分の喘息が神様がイジワルをしていると母親から言われているが
それに対し美波は「神様はイジワルなんかしないよ ただうっかりものなの 
私に耳を作るのをわすれたの」と答えました。

陸は美波に「聞こえないって、どんな感じ?」と聞き
そんな事を聞かれたのが初めてだった美波は戸惑いの表情を見せます。

c0196367_191468.jpg







美波が答えることが出来ないでいると陸が両手で自分の耳を塞ぎ

c0196367_19173612.jpg







「静かなんだね」
「空の色がいつもよりキレイに見える」
「これが美波ちゃんがいる世界なんだね」と言います。

c0196367_19222916.jpg







美波は穏やかな表情でそう話す陸を見つめ、
海司が自分を新しい世界に連れ出してくれる人なら
陸は自分の世界にそっと寄り添ってくれる人だと思った。

第2話ではこの美波と陸の場面がお気に入りですね001.gif
[PR]
by ricecolor | 2009-06-14 19:42 | ドラマ