翌日になってみての感想
探すとどんどん出てきますねぇ

みなさんの今回の宮本亜門さん演出の三文オペラの感想が。

想像はついていたんですけどやはり賛否両論あるって感じです
ただそれはどんな舞台であろうと同じだと思います。

でも今回に関しては“否”が目立つような気がします
「なぜにキティ???」とか。

riceはこの舞台2回観劇をしたのですが
1回目はストーリーは理解していましたが面白さよりも
不思議さや呆然・唖然が圧倒的に上回って
この舞台なんだったんだろうって気分で帰宅したものです。

でも昨日、千秋楽での2回目の観劇では楽しさが上回りました。

これは1度観ていた事によってあの独特の世界に飲み込まれること無く
観劇できたことや役者さんのアドリブが増えたことで客席の笑いが
増えたことなどいろいろ考えられそうです。

みなさんの感想では「残念」「理解できない」など目立ってる気がします
riceも最初は普段自分が舞台を観る機会がそれほどないからで
舞台通な人には面白みや奥深さを感じることが出来るんだろうなと
思ったんですけど、とにかく1回目と2回目の観劇で
これほどに感想が変化するとはって感じですかね。

rice的には普段触れることのない世界感・空気感の中での3時間を
味わえたことがこの舞台の価値なのかなと納得できてます。

そして亜門さんも観客にそう思わせることが狙いだったりするかなと
勝手に思ってます001.gif
[PR]
by ricecolor | 2009-04-30 20:27 | 日常
<< 天皇賞(春) いってきました♪ >>